活動報告・コミュニティ

矢倉かつおブログ

2017年8月2日

福島産農産物をアピール

農水省の地下一階の売店では、福島産の農作物などの販売コーナーが常設されています。昨日は、福島桃の親善大使、ミスピーチの方とともに福島産をアピール、桃は最近TOKIOさんがCMしていますが、本当に甘いです!!そのほか、ジャムやスナック菓子、トマトジュースなど、私も何点か購入しました。
安全性確保にコストをかけ最大限配慮し、日本で一番安全といっていいものしか市場にでていない福島産。流通、小売などの段階も含め、引き続き本来あるべき市場価値が得られるよう引き続き頑張ります。

今日はこれから岡山です。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、食べ物、室内 画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

2017年8月2日

水を考える集い

「水を考えるつどい」に農水省を代表して参加、「水の作文コンクール」では、農林水産大臣賞を代理で授与しました。石井国土交通大臣や各省政務官も。最優秀である内閣総理大臣賞は熊本県の中学一年生、熊本地震で知った水とともにある生活の恵み、その維持の大事さなどを切々と。豊かな表現力とともに素晴らしい内容でした!!

 

2017年7月29日

都市農業サミット

7月27日(木)、川口で開催された「都市農業サミット」に政務官として参加、都市農業サミットは70都市・関係団体が関わり都市農業振興に向けた様々な活動を行います。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20170728_25071

都市にある農地は、農作物の供給のみならず、農業体験を通じた教育・福祉の場として、また、災害のときの避難場所などともしても重要であり、都市に「あるべきもの」として重要性を増しています。

制度的に様々課題があります。特に、都市農業振興のため「生産緑地」は様々優遇されていますが、たとえば貸借を行うと、優遇のうちの一つである相続税の猶予が受けられなくなどということはあります。第三者が市民農園などの用途で農地を使う妨げとなっています。これらについて検討していくことをお伝えしました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

2017年7月27日

耕作放棄地対策

日本の耕作放棄地面積は、40万ヘクタールを超えていると言われます。7月24日の月曜日、埼玉県秩父市吉田地域の兎田暮坪(うさぎだくれつぼ)地区を視察。ここはかつて7割が耕作放棄地でしたが、国と埼玉県による基盤整備事業と担い手確保策によりこれが解消されました。7割の耕作放棄地はいま、ウイスキー原料の大麦やワイン原料のぶどう、そして、エゴマなどを育てる場所として見事な変化をとげました。

鍵のひとつは、現地農家と販路先の連携。ここの大麦をつかいウイスキーをつくるのはイギリスの「ウイスキーマガジン」のジャパニーズモルト特集で最高得点の「ゴールドアワード」に選ばれたベンチャーウイスキーさん。肥土社長と懇談、ずっとお会いしたかった方でした。
また、寒暖差の激しい地にうまれるブドウは、秩父ファーマーズファクトリーさんにより素晴らしいワインに仕上がっていました。エゴマをつくっているモリシゲ物産さん、同い年の人が活躍していました。地域のNPOなどとも連携し、引き蘢りがちだった人に農作業を教えることで元気にする活動などもされておりました。

その後、午後は林業振興に向けた取り組みを視察するため各所に。最後は、秩父産木材をつかった秩父市役所を訪れ、久喜市長を訪問。林業振興の鍵のひとつは、いかに山元に利益をもたらすか。秩父は、農水省も注目する様々な取り組みをされています。

各所で政策実現に多くの示唆をいただきました。ありがとうございました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる 画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外

2017年7月16日

埼玉各地を訪問

7月10日の月曜日、農水大臣政務官として、地元の埼玉県(熊谷、深谷、羽生、さいたま市)を訪問。各所で公明党の市議さんもご一緒くださいました。

埼玉新聞でも報道されましたが、羽生市がすすめる農地中間管理機構(農地バンク)を通じた「担い手への農地集積」の取り組みを視察。河田こうめい市長がお越しくださいました。制度面でも様々な工夫(換地を必要としない利用権設定による迅速な圃場整備と中間管理機構による集積の組み合わせ等)をされていましたが、なにより素晴らしいのは、農地所有者や担い手、地元土地改良区、行政などの緊密な連携です。実際にみて感じるものこそ、大事な点なのだなと。立花部長はじめ現場の方の苦労が実っていました。

そのほか、熊谷にある農業大学校を訪問、栽培技術だけでなく、農業経営をいかに教えるか工夫されていました。学校によるグローバルGAP取得などもその一例。GAPをとることそのものではなく、とる過程を経験させることで、学生が独立した農業者となったとき、あらゆる場面で自分で考えることができるようにするための基礎を教えていました。ほかに、品種開発の過程などを勉強することで生産を支えるもの全てを理解させ、生産に活かす方法も徹底されていました。

深谷では、産地直送センターを。生産者が協同し市場のニーズに立ち向かう姿勢、すばらしかったです。オランダの強さを語るときよく言われるのは輸出ですが、本当にすごいところは、危機のとき生産者が協同し、産業界や学術界などとの連携を自立的にすすめたことです。日本が学ぶべきところです。トマトを袋詰めしていましたが、国の補助金をつかい導入された機械により、全てのトマトの形状などは記録され、そのデータに基づき規格ごとに自動選別、販路ごとにわけられていました。生産者は方々はここに持ち寄るだけで選果の手間が省け、生産に注力できます。土とともにある誇りも確認させていただきました。

さいたまでは、ヨーロッパ野菜研究会を訪問、外食や卸などとの連携、求められるものを即応して栽培する仕組み、素晴らしかったです。様々な顧客から年ごとに変わるニーズがあるのですが、つくりたいものをつくるのではなく、求められるものをつくる姿勢を貫き対応しています。それができるのは、過去の自らの実績をきちんと記録し、そこから生産の見込みをきちんと立てているからです。課題は、ヨーロッパ野菜に取り組む人たちが少ないため、作物が実らなかった場合の代替がきかないこと(融通し合うことができないこと)まだ始まったばかりの取り組みですが、しっかり支えていきたいと思います。

埼玉にも様々な農業の可能性があります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、雲、空、草、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、植物、屋外、自然

2017年7月15日

山梨県北杜市へ

14日、竹谷とし子参議院議員と山梨へ。北杜市議の内田市議と進藤市議もご一緒くださいました。

農業を志す若者を受け入れるため、農水省も進める「農家住宅」を軸に町づくりをしている北杜市の取り組みや、同市で大規模かつ最新鋭の設備(コンピュータ制御)のハウスでパプリカ栽培を行う法人「ベジ・ワン北杜」さん(親会社は、埼玉県のガス会社である、サイサンさんです)を視察。
その後は、出品数が世界最大級であり、金賞がとりにくいといわれるデカンタ・ワールド・ワイン・アワーズ(ロンドン)にて、四年連続で金賞をとった中央葡萄酒株式会社が所有される、明野にあるミサワワイナリーを訪問、三澤社長とともに、過日の「車座ふるさとトーク」でお会いしたご息女の彩奈さんとも再会、日本ワインと和食の可能性など幅広く語り合いました。

北杜市は、きれいな水資源や景観という価値をいかし担い手を呼び込む、そのために、換地による圃場整備をすすめ非農用地を住宅用の土地として確保するなど様々施策をうたれていました。成功の肝は、様々な関係者を連携させるコンソーシアムを立ち上げたことです。農業生産法人だけでなく、木造建築のデザインをになうグループ、また農泊コンサルタントなど多士済々でした。「農家住宅」取得のための金融施策なども興味深かったです。担い手育成は単なる住宅整備ではなく町づくりそのものです。教育環境等も含め、ながく暮らしていく生活基盤をつくることが大事と感じました。

ベジワン北杜さんでは、特に韓国からの輸入にたよるパプリカについて、国産の優位性や課題、取り組み、特にコスト面での様々な取り組みを確認できました。

ミサワワイナリーでは、ブドウ畑である三澤農場を訪れ、ブドウ品種である「甲州」の栽培を見学させていただきました。日本では棚栽培が多いのですが、垣根栽培でした。カベルネなどにくらべ「甲州」は枝の広がりがつよいらしく間隔をあけて栽培されていました。
「甲州」の味わいと、だし文化の親和性、そこから「和食」という日本独自のものといかに絡め、日本ワイン独自のストーリーをつくるか、興味深かったです。
ヨーロッパに市場をひろげるために、ロンドンを抑えに入りそのために賞をとることを決め努力したこと、現地批評家を取り込む必要性なども語りました。
最後は、日欧EPAの話も。ワイン関税が、即時に撤廃されることの影響とともに、いかにそれをおさえ、チャンスに変えるか示唆に富むお話をいただきました。
(ご参考)
http://colocal.jp/t…/think-japan/journal/20151208_59453.html

短い時間でした、様々な視点から日本農業の可能性を確認できました。

画像に含まれている可能性があるもの:4人 自動代替テキストはありません。

2017年7月13日

九州豪雨災害、再建に全力を

九州豪雨の被害が甚大です。昨日(12日)は、農水省内で第二回目の緊急対策本部。大臣から指示をいただくとともに私からも一言。

その後、公明党の復興・防災部会に農水省を代表して参加、迅速な対策に向け貴重なご意見をいただきました。まずは人命救助を対策の最優先に、農業被害の全容解明までいま少し時間がかかりますが、一昨日、現地にいかれた大臣によると相当な被害が見込まれる、とのことでした。

寄り添う思いで、あらゆる手立てをつくし、生業の再建に全力を尽くします。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、スーツ 画像に含まれている可能性があるもの:6人、座ってる(複数の人)

2017年7月12日

埼玉県狭山支部会

今日は、狭山支部で党員会。
健康体操からはじまり心も身体もリフレッシュ、感動の活動報告あり、盛りだくさんでした。
狭山の党員会は3年ぶりでしたが、3年前のことを皆様、本当に良く覚えてくださってました。また来てくれてありがとう、とお声がけいただきました。感謝するのは私のほうです!
公明新聞1%達成もありがとうございます!

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、子供、大勢の人 画像に含まれている可能性があるもの:14人、、スマイル、大勢の人

2017年7月12日

各地の党員会へ

連日、党員会に参加。元気をいただいています。
先週は、深谷支部、三芳支部の党員会にそれぞれ参加。
深谷では小島市長が。お忙しいにもかかわらず、最後までいてくださいました。爆発的な盛り上がり!公明新聞1%達成の歓喜とともに記念撮影。
三芳町も、暑い中、本当に多くの方が。閉会の挨拶では、私の本を紹介いただきながら、熱いご期待の言葉をいただきました。思いに心から感謝です。
本当にありがとうございます!

画像に含まれている可能性があるもの:15人、、スマイル 画像に含まれている可能性があるもの:13人、、スマイル、立ってる(複数の人)、靴、室内

2017年7月12日

日欧EPA

EUとの経済連携協定(EPA)の大枠合意をうけ、農林水産業を支え強さを引き出す国内対策をいかに構築するか、公明党などのご意見もいただきながら検討をすすめております。日欧EPAについては今日の公明新聞の3面にも詳しく書かれておりますので、是非ご参照を。

こちらは、8日付の公明新聞(話している後ろ姿は私です。)
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170708_24853

 

ご意見・ご要望はこちら

メールフォームへ

国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 401号
電話番号:03-3581-3111(代表)

Copyright(C)2014 矢倉かつお All Rights Reserved.