活動報告・コミュニティ

メールマガジン

2014.7.22【矢倉かつおです!】Vol.56:夏の日の誓いのままに

2014.7.22 Tuesday

矢倉かつおです。

関東のながかった梅雨も明け、夏の空となりました。先ほどまで、さいたま市、川越市、狭山市とまわっておりました。茶畑の横で咲くヒマワリの力強い姿に、元気をもらいました。

皆様の温かいご支援をいただき初当選させていただいたのが、1年前の7月21日。昨日でちょうど1年です。

暑い夏の日差しを浴びるたび、選挙戦、皆様からいただいた応援の数々を思い返します。

先日もある方が笑顔で語りかけてくださいました。「最終日、浦和駅での感動の情景が忘れられません。」と。投票日前日である7月20日、最後の最後、23時59分までマイク無しで最後の訴えをするため浦和駅東口に立っておりましたところ、聞きつけた方々が県内外から入れ替わり立ち替わり、私への激励のため集まってくださったのです。最後まで人の列が途切れませんでした。正確に数えておりませんが、200人はくだらなかったと思います。あるいは300人ぐらいだったかもしれません。「自分は世界一幸せだ」、感動で涙がでました。まるで昨日のようです。

あっと言う間の1年間でした。その間、約60日間の臨時国会と、150日間の通常国会を経験しました。

「文教科学委員会」の理事(オブザーバー)として、教育・文化・スポーツ・科学技術に関し、10回以上の国会質問をし、様々な提言を行うとともに、「国家安全保障に関する特別委員会」や「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」、「行政監視委員会」などでは、主に外交・安全保障関係について国会質問をしました。「予算委員会」では初のテレビ入りで約40分間、総理に直接質問、さらに、「決算委員会」では、法務・国土交通・農林水産の分野について、太田国土交通大臣を含む三大臣に対し質問いたしました。また、全議員の集まる本会議の場で与党を代表し2回質問いたしました。

振り返り、強く感じることは、議員となっても我々は皆様に支えていただけている、という思いです。

特に予算委員会でそれを強く実感しました。1年生議員がテレビの前で直接総理に質問するなど、通常であれば緊張で声も出ない状況です。しかし、全く、緊張しませんでした。質問最中に浮かんできたのが、選挙戦中、応援してくださった方々の顔でした。
「自分は、こういう方々に支えていただいている。誇りと自信をもって力強く行動しよう!」こう思うと、緊張などしていられませんでした。

これからも、様々な局面で、皆様の顔が脳裏に浮かぶことと思います。私の原点はここにあります。

今後も引き続き、このメルマガを通じ、国政についてご報告して参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

メールマガジン登録はこちら

ご意見・ご要望はこちら

メールフォームへ

国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 401号
電話番号:03-3581-3111(代表)

Copyright(C)2014 矢倉かつお All Rights Reserved.