活動報告・コミュニティ

矢倉かつおブログ

2015年5月29日

難病指定

「先天性中枢性低換気症候群」という病気をご存じでしょうか。延髄にある呼吸中枢の異常、不全による高二酸化炭素血症等により、特に睡眠時に重度の低換気になることが特徴の病気です。

今回、「肺胞低換気症候群」の一部として、難病指定される運びとなりました。

昨年来よりご相談いただいていた患者の家族会の方々が、現場でお声を聞いてきた狭山の斉藤市議と、昨日、わざわざお見えになり、喜びのお声を届けてくださいました。

大変ななか、声をまとめ届けてくださった、家族会の名和会長はじめ皆様のご苦労、ご奮闘に心から敬意を表します。

「先天性中枢性低換気症候群」はじめ難病に苦しむ方々すべてが笑顔となるよう、全力を尽くします。
*ご承諾のもと、写真を掲載させていただきます。

 

   

2015年5月29日

表敬_国連常駐代表団

ドミニカ、バルバドス、スワジランド、スーダンの国連常駐代表団が、山口代表を表敬されました。同席させていただきました。カリブ諸国やアフリカ諸国は、日本の国際外交を語る上で非常に重要な国々です。

仙台での国連防災会議などをうけた「人間の安全保障」を基調とする開発政策などを議論、また、日米首脳会議でも議題となった国連改革、とりわけ国連安保理常任理事国・非常任理事国の構成見直しなども話題となりました。

2015年5月28日

参考人質疑_法務委員会

法務委員会にて、参考人質疑。
裁判員裁判制度について貴重なご意見をいただきました。

小木曽教授、泉澤弁護士とともに、参考人として来て頂いたのが、関東交通犯罪遺族の会代表の小沢様。
被害者の人権をいかに図るか、本当に大事な視点をいただきました。ありがとうございました。

   

2015年5月28日

国会質問_憲法審査会

昨日は憲法審査会でした。
参議院も全国民の代表であるとの前提のもと、行政監視機能の充実により特色を発揮すべきことを制限時間3分内に。

http://youtu.be/0fnjYGBU9yc

昨年11月にも述べた内容です。
http://www.yakura-katsuo.jp/?p=1263

2015年5月26日

再犯防止議連

再犯防止議連の会合で、法務省地下一階の売店(刑務作業での製品が販売されている)を訪問した後、食堂にて、網走刑務所で飼育された「網走監獄牛」の試食会を。

法務省特別矯正監である杉良太郎さんや、上川法務大臣も。谷垣自民党幹事長など多くの国会議員もきてました。法務省矯正支援官に就任したMAXの皆さんも。

試食してびっくり、本当に美味しい!なんと、日本食肉格付協会が定める等級で最高ランク「A5」を獲る牛も。

刑務所入所者の社会復帰を助ける活動をさらに続け、再犯なき安心な社会に向けて活動したいと思います。

   

 

 

 

2015年5月26日

国会質問_法務委員会

法務委員会にて質問。今日は、裁判員制度の改正案についてです。

裁判員制度が施行されて6年、司法への国民的参加を趣旨として着実に実績を積んでおりますが、国民への負担軽減とともに、裁判員制度の意義に対する情報や意見の共有など課題も(守秘義務との関係も)。
短い時間でしたが、趣旨貫徹のため、乗り越えるべき課題を提起しました。また、裁判員裁判が示した刑罰と、過去の量刑の傾向との関係なども。

動画です。
https://youtu.be/p4uAMYeAmUA

いつもは会派別に3番目ぐらいに質問なのですが、今日は、事情があり一番最後でした。最後の質問だと、質問しようと思っていた事項はだいたい出尽くされてます。そんななか、最後らしく、それまでの質疑もまとめながら質問しようと苦労しました。成功しているか分かりませんが。。

 

2015年5月24日

告示_埼玉県蕨市

埼玉県蕨(わらび)市の市議会議員選挙が告示されました。
「大石こういち」候補、3期目に挑戦です。

教育まちづくり常任委員会委員長などをつとめるとともに、防災士の資格を活かし、防災教育などに取り組んでいます。
安心して暮らせる蕨(わらび)のため、防犯対策もあわせて取り組む、「誠実」ピカイチ、抜群の「決断力」を誇る方です。

全国の市で一番面積が狭く(約5平方キロメートル)、全国の市町村で人口密度が最も高い(1平方キロメートルあたり1万4千人)「蕨(わらび)市」の明日のため、全力で頑張ってます。

同姓や同名の候補がおり、情勢としても厳しいです。
「大石こういち」候補、よろしくお願いします!

2015年5月23日

視察_埼玉県吉川市

少し前ですが、吉川市の排水路整備に関するご要望をうけ、藤林県議、五十嵐市議と現地を視察いたしました。今日の公明新聞に掲載いただきました。

国の補助事業ですが、中途半端な形で打ち切られてしまいました。現場の声が届いていない可能性があります。ネットワーク力で再開に向け努力します。

 

 

2015年5月21日

森田実先生

写真は、だいぶ前(5月5日)ですが東京新聞の記事です。

森田実先生による刑務所出所者の社会復帰に向けた動きを紹介したものですが、そのなかに「与党の国会議員の目に留まり、参院法務委員会で取り上げられた。老朽化施設の建て替えを促す内容だ。」といった箇所(傍線部)があります。

実はこの「与党の国会議員」、私です。国会の職員の方が、記事を見つけ、わざわざ、私のところに届けてくれました(ありがたいです)

法務省の関連の予算も、倍近くになりました。

先日(この記事が出る前ですが)、森田先生にお会いしたとき、先生から過分なお褒めの言葉をいただきました。私は先生の記事を紹介しただけなのですが。

引き続き、様々な問題を提起したいと思います。

*そのときの議事録です。
http://www.yakura-katsuo.jp/?p=1257

今週も引き続き法務委員会が。さらには憲法やエネルギーの関係で重要な会議が続きます。頑張ります。

 

 

2015年5月16日

委員会活動_法務

今週の法務委員会、裁判所職員の定員に関する法律を審議しました。
判事や裁判所書記官の数を増やす一方、業務を外注化するなど合理化計画にのっとり上記以外の職員数を減らす法案です。

私からは関連で、認知症増加などが深刻化している状況でますます重要視される成年後見制度活用について質問、書記官の役割やノウハウの共有などを訴えました。また、女性が活躍する社会実現に裁判所が率先して範を示すように訴えも。

動画です。時間が短いので早口ですが、、

http://youtu.be/HS0AmK8Kumw

法案には民主党と共産党が反対。共産党の反対理由は「司法権の独立」との関係でしたが、民主党は何故反対しているのかよくわかりません。よくあることですが。

 

 

 

 

 

ご意見・ご要望はこちら

メールフォームへ

国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 401号
電話番号:03-3581-3111(代表)

Copyright(C)2014 矢倉かつお All Rights Reserved.