活動報告・コミュニティ

矢倉かつおブログ

2016年10月30日

石巻へ

石巻を訪問しました。
公務の前、大川小学校に立ち寄り献花いたしました。胸がしめつけられました。児童をはじめとする亡くなられた皆様のご冥福をただただお祈りいたしました。
二度とあのような悲劇が起きないように。跡に残された卒業制作の壁画を前に固く誓いました。

農水省と宮城県、石巻市、そして民間の連携により石巻市にオープンした「次世代施設園芸石巻拠点」の竣工式に参加しました。

オランダ方式の素晴らしい施設でした!
高さ6メートルほどの大規模ガラス温室で、コンピュータ制御にもとづき温度等調整もします。地中熱や木質バイオマスをハウスの加温に使うなど、大変に意欲的な取り組みです。栽培に高度な技術を要するトマトやパプリカなどを栽培、若い人が多く働いておりました。

「復興のシンボル」として、また、東北地方の農業の未来を形づくる「先駆者」として、深い深い意義を有する施設の竣工です。本当に感慨深いものがありました。

生産者は、デ・リーフデ北上、というお名前の法人です。
http://de-liefde.co.jp

被災者であった社長が、農業を通じた復興という熱い思いで進めてくださいました。

デ・リーフデは、日本とオランダの交流のきっかけをつくった「リーフデ号」に由来します。オランダの参事官と話もしましたが、あらためて農業の構造改革にむけたオランダの取り組みは様々参考になりました。

広く全国に拡大したいと思います。

(次世代施設園芸事業について)
http://www.maff.go.jp/…/r…/engei/NextGenerationHorticulture/

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる 画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外

2016年10月28日

福島へ

福島を訪れました。

松川浦漁港のあと、川俣町に。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20161027_21778

米の全量全袋検査を視察したあと、農業者の方々と懇談。
川俣の農業をいかに再興させるか、真剣に1時間以上議論しました。
力をあわせていきます。

明日は、石巻に行きます。国会も慌ただしくなってきてますが出来る限り被災地を訪問する予定です。

 

2016年10月23日

ノルウェー出張(WTO閣僚会議)

農水省を代表し、WTOの閣僚会合(ノルウェーにて)にて議論、無事、帰国しました。

木曜の夜出発し、金曜昼に着いて夜まで会議、土曜朝から昼まで会議をやり、ランチを食べてすぐに出立、日曜日に帰国という1泊4日の出張。
これなど楽なほうで、総理などは時折0泊3日で出張されるそうです。

会議中は、大臣・副大臣・政務官や事務方トップ以外一切入場禁止なので、残念ながら、発言しているときの写真はなしです。開会前の会場の模様を一枚。

WTOは「世界貿易機関」の略です。加盟国は164カ国、全加盟国に共通して適用される貿易ルールについて、2年ごとに閣僚級の公式会合を行います。今回は来年末に開催される第11回公式会合の準備のための非公式会合です。

WTOでは様々な分野での議論がなされますが、農業の分野では、例えば、農業に対する国内補助金のあり方が問題になっています。
農業政策のため国が様々な補助金をつかうことはどこでもやっていることですが、価格安定のためなどの補助金は自由貿易を阻害する、との理由から、一定の制限をかけようという方向になっています。
ただ、その制限の仕方について、日本に極端に不利になる方向の提案が、他の各国からなされているので、味方づくりをし、その阻止を図ることがひとつの役割でした。無事に果たしました。

ちなみに、WTO交渉では164カ国の加盟国のうち1カ国でも反対すれば合意はできないルールとなっています。EPAやFTAといわれる二国間の協議や、12カ国が参加しているTPPのような複数国での協議・合意が、WTOに変わり増えているのはそのような事情もあります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内 画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、屋外

2016年10月5日

党農林水産部会

公明党の農林水産部会に参加、加工食品の原料原産地表示や、いわゆるチェックオフ制度について議論いただきました、
部会では連日のように活発な議論いただき、様々な課題について本当に貴重なご意見をいただいております。ありがたいです。

2016年10月3日

東北・北海道台風被害の復旧に向け

東北、北海道をはじめとした地域に甚大な被害をもたらした一連の台風に関する公明党の会合に参加、農水政務官としてご挨拶しました。
農水省として、あらんかぎりの知恵をしぼり、様々な政策を総動員し、被害復旧、早期の営農再開等にあたる決意です。

2016年10月3日

駐日韓国大使と

韓国の開天節を記念するレセプションに参加。李駐日大使ご夫妻はじめ多くの関係者にご挨拶しました。農林水産業における日韓の対話も重要です。
各国の大使がいらっしゃいました。ジュージアの大使とは、和食とジュージアワインとの相性などの話で盛り上がりました。

2016年10月1日

大分県よりご要望/島根で懇談会

昨日、大分より太田副知事がお越しくださいました。
大分は白ネギでも有名です。とある有名ラーメン店で使われているのは大分のネギということを聞いたことがあります。意欲ある若い人がネギ栽培に多く参入されています。
南海トラフ地震などから優良農地を守るためにどうすればいいか、関連でご要請に来られました。

今日は、島根の米子で農業についての懇談会に参加しました。
農政は各地域ごとに課題が違います。地方創生の軸のひとつです。やりがいのある仕事をいただいたなと感じています。

米子空港は「米子鬼太郎空港」なのですね!その後、松江にもうつり40人ほどど様々お話し出来ました。

 

ご意見・ご要望はこちら

メールフォームへ

国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 401号
電話番号:03-3581-3111(代表)

Copyright(C)2014 矢倉かつお All Rights Reserved.