活動報告・コミュニティ

矢倉かつおブログ

2017年6月30日

食品ロス・子供食堂

規格外食品という言葉、お聞きになった方も多いと思います。サイズが大きすぎたり傷がついている食材等です。見た目が仮に悪くても味が変わらない、そんな「規格外食品」を福祉施設などにご提供いただいている会社を、少し前(22日)ですが、訪問しました。
川口にある小林商店さん、です。川口といっても足立と境です。
少しでも役にたてれば、という思いでご提供くださる社長の思いに感謝の意をお伝えしました。
この件は、農水委員会で竹谷とし子参議院議員が質問、私のほうでJAや業者などとの連携の好事例などを発信し、横展開していく旨を答弁、さっそく、パンフレットなどを作成し配布しているところです。
食材の廃棄をすくなくする「食品ロス」と、福祉、そして「食育」、地産地消など様々な意味を持つ取り組みです。しっかり支援したいと思います。

その後、北足立市場の近くにある、北東京商事も訪問、市場の役割について語るとともに、ここでも、規格外食品について議論しました。

小林商店さんと北東京商事さんを訪問した後、実際に、規格外食品の提供をうけている子ども食堂である「いちか」さんを訪問。うすい浩一都議会議員候補とともに、高木美智代衆議、竹谷としこ参議も参加されました。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170623_24691

子どもたちと一緒にみんなそろって「いただきます」みな、美味しそうに食べていました。
子ども達ににこやかにはなしかける、うすい浩一候補の笑顔がさわやかでした。
あと少し、なにとぞ宜しくお願いいたします。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外、室内 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人) 画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、食事、テーブル、食べ物

2017年6月26日

薬剤耐性対策普及啓発活動表彰式

「薬剤耐性」対策の普及啓発活動の表彰式に農水省を代表して参加、古屋範子厚生労働副大臣もいらっしゃいました。農水省は、特に動物分野での薬剤耐性(それは人にも影響を及ぼします)との関係で関わります。農水省の所管は広いです。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)

2017年6月25日

ALS(筋萎縮性側索硬化症)協会

ALS(筋萎縮性側索硬化症)協会の埼玉支部総会に参加。
挨拶ののち記念撮影、終えたあと駆け寄った方々のお一人は以前より存じ上げている方でした。「お久しぶり。2年前から症状がでて。矢倉さん、公明党に期待しているから」と笑顔で語りかけてくださいました。写真はありませんが精一杯の言葉とともに握手。
突然、原因もわからないまま発症する難病の恐ろしさ。あらためて感じました。寄り添う思いでしっかり支援をしてまいります。全ての方の笑顔のために。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、スーツ

2017年6月22日

世田谷ユー花園さんを視察

栗林のりこ都議会議員(世田谷)と竹谷とし子参議院議員とともに、世田谷の「ユー花園」さんを訪問、日本の花き産業振興、後継者問題、外国産との差別化のあり方など含めじっくり語り合いました。
生花祭壇モデルの開発やウェディング装花事業などを手がけるなか、生産者の方々とも時に激しく対話しながら、市場にあった生産のあり方を伝えご理解、ご協力をいただいているとのこと。大事な発想だと思います。
その他、貴重な提言たくさんいただきました。栗林さんとも連携して、都とも連携すべきこともたくさんありました。栗林さんとしっかり対応します。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外 画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)

2017年6月22日

まちだシルクメロン

21日、こいそ善彦都議会議員(町田)と稲津ひさし農林水産部会長、川畑町田市議、山下町田市議とともに、町田の名産品となっている「まちだシルクメロン」の生産現場を視察しました。

水耕栽培によるメロン栽培です。町田の商工会議所などが中心となり進めた農商工連携の取り組み。根腐れ防止や液肥対流の適度さなど、中小企業の技術がいかんなく発揮され、通常、一株で3個か4個の収穫が普通なところ、60個の収穫も可能となりました。
また、障がいをお持ちの方々の親でつくる会なども参加されています。農福連携からも注目されます。

意見交換では、設備造設と現在の規制との関係や課税との関係、「農地」認定の問題も話題になりました。農地を守りながら、いかに、新しい生産技術のための設備投資を進めるか、障がい者の方々が農業に従事し易くするための設備との関係等も含め、省内で検討するよう徹底したいと思います。

こいそ都議はじめ皆さんと連携して、生産性向上に向けた素晴らしい取り組み、後押しいたします。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、屋外 画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、屋外

2017年6月22日

ギニア・スルタン農業大臣と会談

ギニアのコンデ大統領に同行し来日したスルタン農業大臣と会談。
ギニアの自然環境にあった米の開発や、養殖技術の指導のあり方等、意見交換しました。西アフリカの要であるギニアとの友好関係は日本の外交にとっても重要です。
昨年のアフリカ開発会議に出席して以来、多くのアフリカの大臣と懇談しています。日本への期待は本当に大きいです。21世紀をアフリカの世紀に。力をあわせます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

2017年6月11日

山梨へ

20年前にお世話になった地、山梨へ。
「車座ふるさとトーク」と題した政府活動の一環としての訪問です。故郷に帰った気分でした。懐かしかった!!

若手ワイン醸造家や果樹生産者、また研究者の方々などとともに、日本のワインを世界で勝たせるストーリーは何かなど語り合ってきました。和食とワイン、土地ごとのデータ分析の重要性、醸造用ぶどうの研究の必要性から、ワインと地方創生、法人化のメリット、中山間地対策、農福連携など話題は尽きず、90分間があっと言う間に過ぎました。
未来への思いがみなぎるいい会合でした。この力と絆があれば世界を引っ張ることも夢ではない、そう感じました。日曜日にもかかわらず参加された皆さん、本当にありがとうございました。

安本山梨県議、木内山梨市議、萩原山梨市議もご来賓として参加。いつもありがとうございます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内 画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、木、屋外

2017年6月10日

練馬へ都市農業視察

9日(金曜日)、本会議のあと、都市農業が担うべき機能、課題を確認するため練馬へ。
小林けんじ都議もお越しくださいました。
訪問先は白石農園さん。

体験農園では、白石さんの計画や指導のもと、130名以上の方々が生産、収穫をされます。多品目の栽培を指導することは並大抵の技量ではできません。
障がいをお持ちの方を雇い農作業を行う農福連携の取り組み、また、隣接する土地でレストランを開設し地産地消の取り組みも。
さらに、私たちが訪問する数時間前では、地元の中学生100名ほどが小麦の収穫体験を行っていました。
景観維持等とともに、都市の農業が果たす役割全てをぎゅっと凝縮して担っていただいていました。

白石さんとは、農業を支える精神理念を広く社会に展開することの意義なども話し合いました。消費者に距離的に近い都市農業の振興が、土とともにある農業への消費者理解を広げ、更には、支え合う社会をつくる基盤の一つにもなることを期待しつつ。

都市農業の振興のためには、市街化区域内にある「生産緑地」をめぐる法制(特に賃貸)や税制の問題など課題もあります。奇しくも視察の前日の8日、公明党から農水省に要請をいただきました。

ともに連携し、都市農業振興も図りたいと思います。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20170610_24523

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、スーツ、屋外

2017年6月10日

攻めの農林水産業実行本部

農水委員会審議は続いています。今週は、畜産経営安定法の改正案が成立、

https://www.komei.or.jp/news/detail/20170609_24517

来週はいよいよ収入保険創設を含めた農災法改正案が審議入りの予定です。
金曜は省内の主要幹部とともに「攻めの農林水産業実行本部」の会合を。
攻めと守りの両立が使命であり、それが出来るのが農水省と訴えました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、スーツ、室内 画像に含まれている可能性があるもの:3人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

2017年6月8日

福島内堀知事よりご要請

福島県の内堀知事がお越しになりました。
笑顔の知事曰く「農水省でははじめてお会いしましたね。」たしかに。いつもは福島でしたので。
いくつかご要請をいただき、時間の許す限り懇談させていただきました。
福島県民のみなさんの思いをうけ全力で頑張る知事とともに、私も復興支援を使命の一つとして頑張ります。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、スーツ

ご意見・ご要望はこちら

メールフォームへ

国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 401号
電話番号:03-3581-3111(代表)

Copyright(C)2014 矢倉かつお All Rights Reserved.